一般社団法人チームスキル研究所

チームスキル研究所の取り組み

チームスキルとは??

私たちが目指す組織の姿、それは、 個人、チームが活き活きと仕事ができる環境で、持続的に成長し続けている状態。
チームスキルとはメンバーとチームが、最高のパフォーマンスと、更なる成長に向け、変化し続けるために必要なスキルの総称です。

 どうして今、チームスキルに着目すべきなのか??

リストラに端を発する組織の再編等で、個々の社員の仕事量は増加し、欧米型 成果主義の導入は、本来、個々が有している多様な能力に着目する代わりに、画一的な結果主義を導くことになり、その結果として、企業における組織は、一方向への能力に特化した、まさに硬化した、単なる個の集合体になってしまっているのが現実です。

一方、産業構造が、ハード偏重からソフト重視に変化を遂げ、これまでの概念や価値観が通用しなくなった昨今、企業における組織は、これまでにない柔軟性、機動性、実行力を求められています。

先に述べた「硬化した、個の集合体」では、そのような変化に対応できずに、自ら内部崩壊を起こして、それまでの組織形態の維持さえ、難しい状況になってしまっている企業も少なくありません。

個々のスタッフの能力を多面的・総合的に理解し、個々が相互に、有機的に機能する、まさに個々が融合する組織の構築。そのような組織であれば、企業へ豊かな未来を生み出す原動力になると考えます。

 チームスキルの成果

私たちは、チームスキルの実践を通じて、3つの成果の同時創出をめざします。

①チームとして結果を出す (業績・QCDI)

②組織のチームリテラシーを高める

③チームとして成長し続ける

インフォメーション・発信物